dApps

EIP-2:EOSでの楕円曲線暗号化の高速化

ダニエル・ラリマー(Daniel Larimer)氏がTwitterで提案した後、pEOSチームはスマートコントラクト内での楕円曲線暗号化を加速するために、EOSの新しい改善を提案し始めました。

「楕円曲線暗号(ECC)は、有限体上の楕円曲線の代数構造に基づく公開鍵暗号へのアプローチです」

ECCには、特に暗号化、デジタル署名、および擬似ランダムジェネレーターなどの幅広いアプリケーションがあります。

特に、公開鍵を生成するためにビットコインで使用されており、これは楕円曲線の乗算が不可逆的な操作であり、元の秘密鍵を公開せずに公開鍵を出力するために使用できるためです。

ダニエル・ラリマー氏の提案

ダニエル氏
イーサリアムの機能をEOSIOに追加するのが良いと思いますが誰か提案していますか?
すべてのプロジェクトから最高のアイデアを組み合わせて、より良い世界を作りましょう!

 

pEOSチーム
外部の貢献と分散化された設計決定はよりオープンな開発プロセスは歓迎する。
たとえば、イーサリアムのEIPのラインにある何かは素晴らしい出発点です。
楕円曲線演算の組み込み関数に関するEIPから始めることができます…

 

ダニエル氏
確かに、それをプログラミングして最適化されたコンパイルされたwasmに
比べてどれだけパフォーマンスが向上するかを示してください。

※ツイッターの内容を引用

この提案はイーサリアムで使用されているモデル、イーサリアム改善提案(EIP)に従って提示されました。
これは、イーサリアムで提案を行うための標準であるため、それらをより適切に評価し、そのオープンソースコードに含めることができます。

EIPとはEthereum Improvement Proposalsの略で、日本語訳するとイーサリアムの改善提案という意味となります。EIPはコアプロトコルの仕様とクライアントAPI、更にはスマートコントラクトの基準を含む、イーサリアムプラットフォームの基準を提案します。

 

EIP-2:楕円曲線secp256r1およびsecp256k1の加算およびスカラー乗算の組み込み関数を提供します。

彼らの提案は、コントラクト内に楕円曲線演算用のコンパイラツールキットの組み込み関数を含めることです。
EOSの開発者は、スマートコントラクトの楕円曲線乗算に簡単にアクセスして、より高度なセキュリティとパフォーマンスを備えたdAppを作成できます。

「スマートコントラクトに楕円曲線暗号化の組み込み関数を提供すると、スマートコントラクトがユーザーに提供できるセキュリティとともに、実行速度が大幅に向上します。」

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan