ウォレット

クロスチェーン可能なモバイルEOSウォレット

仮想通貨EOS(イオス)について、メインネットにローンチされてから1年が経過し、様々なEOSモバイルウォレットが登場しました。

しかし、なにか物足りないと思いませんか??そうエクスチェンジ機能がないものが多いのです。

今回、紹介するウォレットはエクスチェンジ機能を備えたモバイルウォレットの紹介です。

クロスチェーンに特化したMathウォレット

今回おすすめするのがMath Wallet(マッシュ ウォレット)です。

appstore

数学財布はブロックチェーン財布です。安全で簡単なデジタル資産管理を提供します。

特徴:
– トークン転送と受け取り
– ブロックチェーン情報を閲覧する
– ブロックチェーンリソース管理
– ニュース
– ポートフォリオ管理

このウォレットの特徴としては、EOSのほか、様々な仮想通貨を保管できることにあります。

・ビットコイン
・イーサリアム
・EOS(イオス)
・トロン
・BNB
・COSMOS
・IRISnet
・Ontology
・ChainX
・Zillqa
・EOS FORCE
・Enumivo
・BOS
・Telos
・NEO
・Nebulas
・ESN

全17種類の仮想通貨が保管できます。

更に、このウォレットはウォレット内で両替機能が付いているので、海外取引所を開設しなくても適正な価格で交換が可能です。

また、今話題のバイナンスDEXもウォレット上で利用できるので、日本では規制のかかる取引も問題なく行うことが出来ます。

今後規制が厳しくなる海外仮想通貨取引所

日本のみならず、海外各国がKYCを必須にしマネーロンダリング対策をしていくという流れが徐々に進んでいく方向になっていくと思います。

特に日本居住者は金融庁の監視が海外の取引所に圧力をかけ、日本居住者にはアクセスできないように対策をしている取引所も数多く存在しています。

今後、世界の規制が強化になってくるほど、日本人の締め出しも加速することが考えられ、特にホワイトリスト入りしていない仮想通貨の取扱に不安が出てきているのではないのでしょうか?

急拡大することが予想されるクロスチェーンとスワップ

海外取引所が全てアウトになった場合、今後急拡大される機能としてはウォレット内で仮想通貨の両替ができる機能、クロスチェーンやスワップなどの機能が標準化されてくるのではと思います。

確かに、DEXは中央がないと思われがちですが、どうしてもサーバーで管理する必要があるので管理者が存在していまい、政府機関がそこを突っ込めばDEXも存続が難しくなってくるのではと思います。

あのバイナンスですらも、規制が厳しい国でのDEXはアクセスできないようにしているのが現状です。

DEXの抜け道として

DEXの抜け道として、ウォレット内であれば表面上はDEXは規制対象国では対応していないよと言えるので、アメリカの規制当局から指摘される確率はぐんと減るので、ある意味安心して利用できます。

今後DEX取引所もこの形をとっていくものがかなり増えていくのではと思います。

今後の仮想通貨のあり方

まだまだ、仮想通貨界隈は始まったばかりなのでかなり不安定な投資物件だと思います。

しかし、今後の未来のあり方を予想するのであれば、まだまだ伸びしろのある投資先だと思います。

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan