ウォレット

Scatter11 Meteoricを公開

Scatter 11(スキャッター)「Meteoric(ミィデオリック)」がリリースされ、公開により様々な嬉しい機能が搭載されました。

Scatter 11の新機能

誰でもすぐに使いやすいように、ユーザーインターフェイス全体が大幅にアップグレードされ、トークンの送信、受信、交換などの一般的なタスクを見つけるのが簡単になりました。

Scatter 11はアプリケーションの探索機能を改善し、ユーザーが自分好みのアプリケーションを見つけやすくなっています。

追加したいアプリがある場合は 、GithubのScatterAppsリポジトリに送信できます。

追加された機能

1.ビットコインウォレットが搭載されたことにより、ユーザーは自分のビットコインアドレスを交換して管理できるようになります。

2.RIDLを直接Scatterに統合し、評判とアイデンティティの層で、アイデンティティオンラインは持続した評判スコアを通して本当の意味を持つことができます。さらに、複数のIDを管理できるようになりました。

3.RIDLのリリースにより、ファイアウォールへの予備アクセスが可能になります。ScatterはRIDLネットワークを使用して、あなたが取引に署名しているアプリのスコアをチェックし、それが安全でない場合は通知します。

4.履歴データに簡単にアクセスできるように、取引履歴が改良されました。

5.新しいネットワークパネルを使ってブロックチェーンネットワークを簡単に管理できるようになりました。それらを自由にオン、オフにすると、ScatterはあなたがScatterにインポートした秘密鍵に関連するアカウントを自動的にロードします。

ScatterのChrome拡張機能のサポート終了

Scatter Chrome拡張版のサポートを終了し、Scatterデスクトップ版にアップグレードさせる時が来ました。

なぜ、終了させる必要があるかと言うと

Chrome拡張機能版は安全ではないからです。

Chrome拡張機能版はどのサイトでScatterを使用しているか、どのくらいの金額を使用しているか、その他の個人的な詳細など、誰も本当に共有したくないと思うような、やや不快なデータにアクセスできます。

反広告およびプライバシーの立場は、強調するために重要です。 ユーザーのプライバシーとセキュリティに対する権利を保証すること以上に重要なことはありません。

また。悪意のある第三者もChrome拡張機能版を介してあなたの秘密鍵にアクセスする可能性があります。

Chrome拡張機能の最終版をしばらくの間エクステンションストアにアップロードする予定が、セキュリティ面を考えるとなるとScatterデスクトップ版を使用したほうが安全に運用できます。

どうぞご理解の程よろしくおねがいします。

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan