その他

pEOSの今後の匿名通貨としての考察

仮想通貨の匿名化について今後インターネットの通信規格がすべてSSLになったことと同等に、お金の支払、受取についてはプライバシーを守られることは当然なことと思っています。

私が推している仮想通貨EOS(イオス)は価値のインターネットのホープであり、価値の支払いや送金のみならず、透明性のある取引や、契約の自動処理、コンテンツの保存や複製や改ざんの防止など、Bitcoinに比べいろんなものに応用が効くブロックチェーンネットワークです。

ただし、そのやり取りにおいては個人情報などのプライバシーについての保護による匿名化技術も今後必要になってくることは間違いないでしょう、アプリ上で設定すればアプリ単位での暗号化はできるとは思いますが、同じアプリを持っておかなければいけないとう不便なものになってしまうので、ブロックチェーン自体に見えてはいけないものは隠蔽するべきだと思っています。

その中でもpEOSは匿名通貨の中でもずば抜けて能力値の高いトークンとなっています。

他の匿名通貨と比較する

上記の図で分かる通り、pEOSの場合、EOSのブロックチェーン上に展開されるトークンのため、EOSの送金速度、送金手数料0、送金速度がめっちゃ早いというのがひと目で分かります。

また、仮想通貨EOSが中央集権に近いコンセンサスアルゴリズムDPoSを使用していることと並列実行することで数千と言われるトランザクションを一瞬送金するのですごく早いです。

インターオペラビリティ

インターオペラビリティ(相互間運用)による別チェーンネットワーク間で連携を取ることの出来る機能を仮想通貨EOS自体が持っているので、別のコインとの橋渡しなどが容易に出来てしまいます。

相手にビットコインを贈りたい場合は以下の方法ができるようになります。

・ピットコイン → EOS → ビットコイン(送金がかなり早い)
・ビットコイン → pEOS → ビットコイン(送金も早く、匿名で送金されている)

さらにEOSではなくpEOSであれば匿名かつ高速な送金などが出来るようなると思います。

pEOSについての今後

pEOSの今後については、今年2019年の秋頃に匿名機能が付加されるので、さらなる利用が可能になりプライバシー情報の入力などは、匿名性が必要な分で使用できるのではないかと思います’。’

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan

    Feed has no items.