ニュース

仮想通貨EOSのサイドチェーンBOSとは

仮想通貨EOS(イオス)のチェーンのハードフォークによって、EOSベースのトークンとは異なる、様々な姉妹チェーンやサイドチェーンが出てきました。

姉妹チェーンではTelos(テロス)Worbli(ウォルブリ)が現在のところEOS技術を引き継いだ別チェーンとして可動しています。

今回はサイドチェーンという現状のEOSと連携が取れるチェーンBOS(ボス)について解説したいと思います。

BOSについて

BOS(Business Operating System)の目標は、より多くのDAppをサポートするEOSIOエコシステムを構築し、ブロックチェーンテクノロジを使用して現実世界の問題を解決することです。

ブロックチェーンの進化の観点からは、DAppの優先ベースチェーンであることに加えて、BOSはさまざまな異種チェーンコインまたはトークンの循環チェーンとして、およびブロックチェーンの世界でのフリーポートとしても機能します。


■BOSトークンの総発行数 10億枚
■ブロック生成時間 5分以内
■アカウント型の受送金形式
■取引手数料無料
■EOS同様CPU、NET、RAMで構成されている

ブロックチェーンフリーポート機能

BOSは、BTCのようなトークンメカニズムの長所と短所と、現在のEOSのオーバーガバナンスとの間で、商業開発を通じてバランスをとることを目的としています。

BOSネットワークでサポートされているチェーン間通信機能は、あらゆる種類のデジタル資産は、チェーン間通信を通じて、従来の孤立したデジタル資産をネットワークにリンクさせることができます。



BTC、ETH、EOSまたはその他の暗号資産を含めて、BOSネットワーク上で取引および譲渡することができ、BOS間での送金手数料は無料で取引できるので利便性が高まります。

例としてユーザーがETH、BTC、およびEOSを同時に保持している場合、ユーザーはクロスチェーンチャネルを介して上記のトークンをBOSネットワークにインポートし、チェーン上にBOS-ETH、BOS-BTC、およびBOS-EOSのステーブルコインを作成することができます。

ユーザーはBOSネットワーク上で送金手数料を気にすることなくで消費、投資、娯楽および他の活動を行うことができ、いつでもチェーン – チェーン通信を介してBOSネットワークから元のBTC、ETH、およびEOSチェーンに資産を配布できます。


■現在EOSからBOSへEOSからBOSへのチェーン移動は可能

BOSのエアドロップについて

BOSはUTC2019年1月1日午前9時50分時点でのEOS保有者にエアドロップされています。

配布枚数はEOS20枚に対して1枚の配布され、全体で1億枚ものBOSがEOS保有者に配られています。

BOSのエアドロップの確認方法

スナップショットされエアドロップされたBOSトークンを確認するには、以下のサイトでできます。



アカウント検索窓に自分のEOSアカウントを入れれば自分のBOSアカウントと保有枚数が表示されます。




スマホウォレットMEET.ONEなどでBOSアカウントを見るには以下の方法となります。





かなり簡略ですが、、、もし見れない場合は、再度アクティブ秘密鍵を読み込ませてくださいね。

また、BOSトークンを購入したい場合は、EOSベースの取引所のchainceで購入可能です。
(パスポート必須)



サイドチェーンの今後について

仮想通貨EOS(イオス)のサイドチェーンは今後MEET.ONEからもサイドチェーンが出ると発表されています。

サイドチェーンといえばLISKですが、EOSが先にローンチしたということで、LISKの位置づけが危ぶまれますが、今後EOS主導にていろいろな機能が追加されていくのではないかと思います。

INFORMATION

にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ




EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan

    Feed has no items.