仮想通貨

ビットコインの始め方

ビットコインとはどんなのものなのか?

急激な暴騰なのでニュースでの取り上げられ、日本でも有名になったインターネットのお金です。

スマホ1台持っていれば、支払いやビットコインの受け渡しなど手軽にできるお金です。

【ビットコインを学ぶ】


【ビットコインを使う】


Suicaと違い個人間でのビットコインの受け渡しも可能です。

支払いや受け渡しについてはLINEの交換と同じ様にQRコードを読み取って行います。

ビットコインを詳しく知る

今現在のビットコインの価格は以下のとおりです。



一枚あたりがかなり高額ですよね?

しかし、ビットコインを購入するときは、1枚単位ではなく小数点以下での購入も可能なので、毎月1000円ずつとかからでも購入できます。

ビットコインの特徴として、メリットとデメリットがありそれを十分に理解する必要もあります。

【メリット】
・スマートフォンで個人間での受け渡しができる
・海外送金手数料が安い(100円程度)
・海外での支払いに両替しなくても使える。
・管理者がいないのでお店側が手数料を払うリスクがない。

【デメリット】
・世界全体でビットコインの送金数が激しく増えたら手数料が高くなります。
 (前例として約5000円以上に跳ね上がった)
・着金が込み具合により遅くなる(最低10分〜)
・送信のアドレスを間違えると送金したビットコインが消える。
・ボラリティが高い(価格が上がったり下がったりが激しい)

ビットコインについては現状古いシステムですので、送金速度が極端に遅いため、新システムのコイン(リップルやネム)などの送金が早い仮想通貨のほうが人気が出てきています。

ビットコインを買うには

ビットコインを買うには、ビットコインを販売している取引所(仮想通貨の銀行)の口座を開設する必要があります。

口座を作るには、身分証明書とスマホまたはパソコンが必要になります。

おすすめの仮想通貨取引所は以下の取引所が一番使いやすいです。

coincheck(コインチェック)
No.1 コインチェック
仮想通貨初心者に使いやすく、アプリの機能も充実の仮想通貨取引所です。

金融庁認可業者 関東財務局長 第00014号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC NEM XEM ネム ゼム LISK リスク LSK


この取引所が何故いいかというと、金融庁登録のしっかりした管理下ののかでセキュリティが強化され、またスマホでワンタップで購入できて、画面も見やすいのが特徴です。



※上記はパソコンでの登録方法ですが、スマホアプリでも登録は可能です。

口座開設の手続き後、コインチェックよりはがきが届いたらビットコインが購入できる環境が整いました。

コインチェックでビットコインを購入するときは以下の通りとなります。



ビットコインを買った後やること

ビットコインを買った後は、資産をしっかり守りましょう、通常の銀行の場合は預けてても安全ですが、ビットコインなどの仮想通貨については取引所へ保管することはオススメしません。

何故かと言うと、ハッカーが四六時中取引所を狙っていますから、いつ自分のビットコインを取られても不思議ではありません。

できるだけスマホやハードウェアウォレットに保管して、取られる確率を低くする対策も必要です。

仮想通貨は原則自分で管理防衛する資産ですので、万全なセキュリティ対策を行いましょう。
INFORMATION

にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ




EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan

    Feed has no items.