ウォレット

Scatterに新機能搭載

仮想通貨EOS(イオス)でお馴染みのWEB連携ウォレットScatter(スキャッター)がものすごい機能を追加してバージョンアップしました!

Scatter 10.1

そのバーションアップの便利機能を紹介したいと思います。



新たに備わった機能とは

今回Scatter(スキャッター)のバージョン10.1に備わった機能はなんと!

『両替機能(exchange)』です。

今回この機能が備わったことにより、EOSのdAppsのさらなる用途が増えるのではないかと予想しています。

Scatter(スキャッター)には前々からEthereum(イーサリアム)とTRON(トロン)のウォレット機能を持っていましたが、それが実用的に機能する用になったということです。

更にこの2通貨だけでなく『Bitcoin(ビットコイン)』のほかステーブルコインやEOSベースのトークンなどにも両替ができてしまいます。

この機能の使い方について



Scatter(スキャッター)の導入方法については以下のリンクから確認できます。



まず、Scatter(スキャッター)を開きログインします。


上部の”Exchange”をクリックし、両替する画面へ移動します。

まず”Exchanging”から、EOS(イオス)・Ethereum(イーサリアム)・TRON(トロン)のどれかを選びます。

選び終わったら変換したい枚数を入力します。

”Receiving”から両替したいコインを選び、変換した枚数に応じた枚数が表示されます。

”Open Contacts”から受け取りたいアドレスを選択肢し、”Exchange Tokens”ボタンをクリックすると最終確認画面が表示されます。

上記の内容で良ければ”Confirm”ボタンを押すと両替完了です。

プラットホーム型のコインは更に発展する



この両替機能がついたことにより、EOSでもイーサリアムでもトロンでも自分が好きなようにdAppsを操作できるのではないかと推測しています。

今後本当にプラットホーム型のコインの需要は増えてくるのではないでしょうか。
INFORMATION

にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ




EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan

    Feed has no items.