システム構築

EOSの開発環境を構築する方法(IDE)

IDEを使用してEOSスマートコントラクトを開始する方法です。

EOSスマートコントラクトはC++で書かれ、ここで紹介するIDEにはWebブラウザからアクセスして、Scatterアカウントで接続することができます。

 

CryptoKylin TestNetに接続する

EOSの開発環境を構築するにはデスクトップ版のScatter(スキャッター)が必要になります。
当サイトでも導入方法を説明していますので、以下のリンクからどうぞ

 

まず開発環境を構築するにはEOSのテストアカウントを作成する必要があります。

テストアカウントはDev4eosにてCryptoKylin TestNetのキーとアカウントを取得します。

 

右上の”CryptoKylin TestNet”をクリックし、”Chain ID”をメモ帳などにメモり”Create Account”にはEOSと同じような英数字12文字のアカウント名を決めます。

※このアカウントはメインネットでは使えないので注意

アカウントが使われているかいないかは、以下のサイトにて確認してください。

 

アカウント名を決めたら”Create Account”ボタンをクリックして、次に表示されたJSON形式のテキスト(公開鍵・秘密鍵)をコピーし、メモ帳にペーストします。

 

Scatterにテストネットアカウントを登録する

Scatter(スキャッター)を起動し、CryptoKylin TestNetの設定を登録します。

起動したら、”歯車”のマークをクリックし、”Network”をクリックし解除用パスワードをクリックします。

該当する物をすべて入力していきます。

ネットワークの設定ができたら、テストネット用のアカウントを登録します。

登録の仕方は、メインネットのアカウント登録を同じような作業を行います。

 

開発環境の設定をする

まず開発環境を整えるために、テストネット用のEOSトークンとテスト用のRAMが必要になるので、取り敢えずテストネット用のEOSトークンをもらいましょう。

 

dev4eosにアクセスし、Scatter(スキャッター)でテストアカウントでログインしましょう。

次に、” CryptoKylin TestNet”をクリックし、”Create Account”の入力欄に先ほど作成したテストネット用のアカウント名を入力して、”Faucet”ボタンをクリックすると100EOS程度補給されます。

 

コントラクトのコンパイルとデプロイ

コントラクトは2つのファイル ‘ eosio.token.cpp ‘と ‘ eosio.token.hpp ‘に分かれています。’.hpp’ファイルは、コントラクトクラス、アクション、およびテーブルを定義します。アクションはコントラクトにデータを送信することで定義されます。

何もせずにデプロイをすると十分なRAMがないため失敗します。
失敗した場合は、RAMを買い足すテキストボックスが現れるので、先程取得したEOSを使用してRAMを買い足してください。

EOSの枚数やRAMの容量などは以下のサイトにアカウント名を入れることで確認できます。

 

 

スマートコントラクトを展開するために必要な発行されたRAMに対処したら、Scatterのチェックマークをクリックしてください。


 


 

コンパイルが完了したら、”Run”ボタンをクリックし、Scatter上で許可をしてください。


 

ブロックエクスプローラをもう一度チェックしてください。トークンコントラクトは、testnetアカウントに展開されました。

”Save”ボタンを押して、チェーン上に保存することも可能です。

 

まだまだ開発環境は発展途上

まだまだEOS自体が誕生して間もない為、開発環境もまだまだ設定が難しい状況です。

今後、WEB上で開発できる環境がどんどん出てくるのでEOS上でのスマートコントラクトプログラミングがしやすくなってくるのではないでしょうか。

INFORMATION

おすすめ仮想通貨を購入できる取引所(人気順)

coincheck(コインチェック)
No.1 コインチェック
仮想通貨初心者に使いやすく、アプリの機能も充実の仮想通貨取引所です。

金融庁認可業者 関東財務局長 第00014号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC NEM XEM ネム ゼム LISK リスク LSK
bitFlyer(ビットフライヤー)
No.2 ビットフライヤー
取扱通貨及びアプリも重質し、BitcoinFXでも有名な仮想通貨取引所です。

金融庁認可業者 関東財務局長 第00003号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC LISK リスク LSK monacoin mona モナコイン
Zaif(ザイフ)
No.3 ザイフ
豊富な通貨に加え、板による購入方式のため最安購入可能な取引所。NEMが一番人気

金融庁認可業者 近畿財務局長 第00001号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH NEM XEM ネム ゼム monacoin mona モナコイン
bitbank(ビットバンク)
No.4 ビットバンク
板による購入方式のため最安購入可能な取引所です。リップル取引高No.1

金融庁認可業者 関東財務局長 第00004号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC monacoin mona モナコイン
huobi japan(フォービジャパン)
No.5 フォビジャパン
世界2位の取引所の日本版取引所、板注文に加え、豊富な通貨数を誇る

金融庁認可業者 関東財務局長 第00007号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC monacoin mona モナコイン
BINANCE(バイナンス)
No.6 バイナンス
世界1の取引高を誇る海外仮想通貨取引所。数百種類の通貨を購入できます。まさに最強です。

金融庁非認可

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC NEM XEM ネム ゼム LISK リスク LSKetc..
BITPOINT(ビットポイント)
No.7 ビットポイント
現物取引手数料無料のセキュリティにも自身のある仮想通貨取引所。

金融庁認可業者 関東財務局長 第00009号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC
DMMビットコイン DMM BITCOIN
No.8 DMMビットコイン
レバレッジ取引(FX)を主軸においた仮想通貨取引所。FXでは10種類の仮想通貨に対応

金融庁認可業者 関東財務局長 第00010号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH
No.9 GMOコイン
東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社で、使いやすいアプリが目玉

金融庁認可業者 関東財務局長 第00006号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC