ビットコイン・イーサリアム・ネムなどの仮想通貨の情報満載

クロイカラスの仮想通貨投資メモ

システム構築 仮想通貨

EOSの開発環境を構築する方法(IDE)

投稿日:

IDEを使用してEOSスマートコントラクトを開始する方法です。

EOSスマートコントラクトはC++で書かれ、ここで紹介するIDEにはWebブラウザからアクセスして、Scatterアカウントで接続することができます。

 

CryptoKylin TestNetに接続する

EOSの開発環境を構築するにはデスクトップ版のScatter(スキャッター)が必要になります。
当サイトでも導入方法を説明していますので、以下のリンクからどうぞ

 

まず開発環境を構築するにはEOSのテストアカウントを作成する必要があります。

テストアカウントはDev4eosにてCryptoKylin TestNetのキーとアカウントを取得します。

 

右上の”CryptoKylin TestNet”をクリックし、”Chain ID”をメモ帳などにメモり”Create Account”にはEOSと同じような英数字12文字のアカウント名を決めます。

※このアカウントはメインネットでは使えないので注意

アカウントが使われているかいないかは、以下のサイトにて確認してください。

 

アカウント名を決めたら”Create Account”ボタンをクリックして、次に表示されたJSON形式のテキスト(公開鍵・秘密鍵)をコピーし、メモ帳にペーストします。

 

Scatterにテストネットアカウントを登録する

Scatter(スキャッター)を起動し、CryptoKylin TestNetの設定を登録します。

起動したら、”歯車”のマークをクリックし、”Network”をクリックし解除用パスワードをクリックします。

該当する物をすべて入力していきます。

ネットワークの設定ができたら、テストネット用のアカウントを登録します。

登録の仕方は、メインネットのアカウント登録を同じような作業を行います。

 

開発環境の設定をする

まず開発環境を整えるために、テストネット用のEOSトークンとテスト用のRAMが必要になるので、取り敢えずテストネット用のEOSトークンをもらいましょう。

 

dev4eosにアクセスし、Scatter(スキャッター)でテストアカウントでログインしましょう。

次に、” CryptoKylin TestNet”をクリックし、”Create Account”の入力欄に先ほど作成したテストネット用のアカウント名を入力して、”Faucet”ボタンをクリックすると100EOS程度補給されます。

 

コントラクトのコンパイルとデプロイ

コントラクトは2つのファイル ' eosio.token.cpp 'と ' eosio.token.hpp 'に分かれています。'.hpp'ファイルは、コントラクトクラス、アクション、およびテーブルを定義します。アクションはコントラクトにデータを送信することで定義されます。

何もせずにデプロイをすると十分なRAMがないため失敗します。
失敗した場合は、RAMを買い足すテキストボックスが現れるので、先程取得したEOSを使用してRAMを買い足してください。

EOSの枚数やRAMの容量などは以下のサイトにアカウント名を入れることで確認できます。

 

 

スマートコントラクトを展開するために必要な発行されたRAMに対処したら、Scatterのチェックマークをクリックしてください。


 


 

コンパイルが完了したら、”Run”ボタンをクリックし、Scatter上で許可をしてください。


 

ブロックエクスプローラをもう一度チェックしてください。トークンコントラクトは、testnetアカウントに展開されました。

”Save”ボタンを押して、チェーン上に保存することも可能です。

 

まだまだ開発環境は発展途上

まだまだEOS自体が誕生して間もない為、開発環境もまだまだ設定が難しい状況です。

今後、WEB上で開発できる環境がどんどん出てくるのでEOS上でのスマートコントラクトプログラミングがしやすくなってくるのではないでしょうか。







■役に立ったらポチポチお願いします!

■EOS GAMES (イオスゲーム)

 
※プレイする際は、仮想通貨EOS、EOSアカウント、Scatterが必要となります。

■SNS

-システム構築, 仮想通貨
-, ,

Copyright© クロイカラスの仮想通貨投資メモ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.