ビットコイン・イーサリアム・ネムなどの仮想通貨の情報満載

クロイカラスの仮想通貨投資メモ

仮想通貨 取引所

EOS専用DEX取引所登場

投稿日:

今注目を集めている分散型取引所(DEX)ですが、主にイーサリアムベースの分散型取引所はイーサデルタなどはすでにありますが、EOS(イオス)専用の分散型取引所は目新しいと思います。

そのEOS専用の分散型取引所として”DEXEOS”取引所が誕生しました。

 

送金手数料が無料

分散型取引所(DEX)は送金して交換するという形を取るので、イーサリアムベースの取引所についてはどうしても送金手数料がかかってしまう上に、送金が遅いのがネックでした。

EOSベースの分散型取引所の利点については、送金スピードが早く、送金手数料がいらないというメリットを活かして、中央集権型の取引所のように瞬時に取引ができるのが利点だと思います。

 

取引にはscatterが必須

イーサリアムベースの分散型取引所を使用するためにはMetaMask(メタマスク)が必要ですが、EOSの場合はScatter(スキャッター)が必要になってきます。

導入については以下を参照してください。

 

Google ChromeのエクステンションであるScatter(スキャッター)のウォレット機能により、まるで中央集権型の取引所のように残高を確認しながら取引ができるようになります。

 

まだまだ取引トークンが少ないEOS

イーサリアムベースのトークンは沢山ありますが、EOSはここ最近メインネットに公開されたばかりなので、まだまだEOSベースのトークンの数はかなり少ないです。

今からどんどんICOやエアドロップなどで、EOSベースのトークンが増えてくると思うので、取引所として機能するようになるにはもうしばらく時間がかかりそうなので、しばらく様子を見たいと思います。

 

EOSは送金手数料が無料で送金速度が早いので分散型取引所(DEX)を作るにはもってこいの通貨だと思っています、将来bitfinex(ビットフィネックス)がeosfinex(イオスフィネックス)という分散型取引所もできてくるので今後EOSは面白くなってくるのではと思います。







■役に立ったらポチポチお願いします!

■EOS GAMES (イオスゲーム)

 
※プレイする際は、仮想通貨EOS、EOSアカウント、Scatterが必要となります。

■SNS

-仮想通貨, 取引所
-, , , ,

Copyright© クロイカラスの仮想通貨投資メモ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.