ビットコイン・イーサリアム・ネムなどの仮想通貨の情報満載

クロイカラスの仮想通貨投資メモ

仮想通貨

仮想通貨EOSのRAMの増やし方

更新日:

仮想通貨EOS(イオス)のウォレットを作成した後、操作を調べていくうちに、dApps(ダップス)を作るためにはRAM(ラム)を増やさなければならないようです。

RAMは仮想通貨のように専用のサイトで購入したり売ったりできるようです。

 

RAMを買う前に必要なこと

RAMを買う前には一つソフトを入れる必要があります。
ソフトと言ってもChromeのエクステンションでScatter(スキャッター)というEOSウォレットをブラウザに紐付けるプラグインです。

これを入れるにもちょっと勇気がいります。
プライベートキー(アクティブ)を登録しなければいけないです。

Scatter(スキャッター)ダウンロードはこちら

 

RAMを買えるサイト

RAMを買えるサイトは以下の通りとなります。

EOStoolkit.ioはこちらより

サイトを開いたら、左側のメニューから”Attach an Account”の中の”Connect Account”をクリックしてScatter(スキャッター)のアカウントと同期します。

 

RAMを購入する

アカウントと同期したら、サイドメニューの”Manage Account”の中の”Bay Ram(EOS)”をクリックします。

”Receiver Account Name”と”payer”にはウォレット作成時に決めたアカウント名(12文字)を入れます。

”Purchase unit”はとりあえずEOSを選択し”Ram purchase (in EOS)”には支払う枚数をいれます。

”PURCHASE”ボタンを押して購入確定します。

これで、RAMの購入可完了です。

RAMの総数については、ウォレット内のトランザクション履歴の自分のステータスを見るところでMemoryの増減を確認できます。

 

RAMを売却する

売却の場合は、サイドメニューの”Manage Account”の中の”Sell Ram(bytes)”をクリックします。

”seller”にはウォレット作成時に決めたアカウント名(12文字)を入れます。

”Ram to Sell (in bytes)”には売却したいバイト数を入れます。
※1kb(キロバイト)なら1000と入力します。

売却したら売却した分のEOSが還元されます。
※還元数はRamの相場で決まります。

 
RAMを購入する目的としてはdAppsを作る際や値上がりを目的としてEOSを増やすこともできます。使用目的に応じて購入してください。

※メモリはすべて売らないようにしたほうが良さげです、多分、ウォレットが機能しなくなる可能性もあるかもしれません。初期に入ってたバイト数だけは確保しときましょう!







■役に立ったらポチポチお願いします!

■EOS GAMES (イオスゲーム)

 
※プレイする際は、仮想通貨EOS、EOSアカウント、Scatterが必要となります。

■SNS

-仮想通貨
-, ,

Copyright© クロイカラスの仮想通貨投資メモ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.