仮想通貨

リップルを超える!?仮想通貨IOSTとは

IOS(Internet Of service)は、ブロックチェーンをベースとした次世代のオンラインサービスプロバイダー向けのプラットフォームです

IOSプラットフォーム内のトークンをIOST(Internet Of service Token)といいます。

IOST Japan | 次世代ブロックチェーンの大本…

 

IOST Japan | 次世代ブロックチェーンの大本命IOSTの最新ニュース | 日本 |
https://www.iostjapan.com
IOST Japanは、次世代ブロックチェーンの大本命 IOST (IOSToken)の日本向けニュースサイトです。世界トップ5取引所に上場済みのIOST最新情報やロードマップ進捗状況、ミートアップ開催情報、カンファレンス出展情報などをお知らせしていきます。

このIOSTは今後この高速トランザクションの特性を活かし、Dappsの構築を行うプラットフォームとしても活用される予定となっているので、シームレスなブロックチェーンアプリが登場することで期待されています。

発行日2018年1月
トークン名称IOST
総トークン供給量21,000,000,000 IOST
承認システムProof of Believability
開発者Terrence Wang

高速なトランザクション

イーサリアムに関しては1秒間に7〜15トランザクションを処理できますが、利用者数の増加に伴い現行の処理能力では追いつかなくなっています。

この解決策としてサイドチェーンやクロスチェーン技術などでスケールの問題を解決しようとしていますがどうしても別のチェーンを交えるので送金の仕組みとしてはひと手間増えるため実用的ではありません。

それに比べIOSTについては、シャーディング技術を採用したチェーンを使用しているため1秒間に8,000トランザクションを処理でき最終的には100,000トランザクションを処理できるようになります。

これはリップル(XRP)の1,500トランザクション(1秒)を遥かに上回る処理能力になります。

※シャーディングとは従来1つのノードでトランザクション数を処理していましたが、トランザクションを分割して複数のノードで処理するため高速なトランザクション処理が出来るようにする技術

PoBコンセンサスアルゴリズム

IOSTに採用されているアルゴリズムProof of Believability(PoB)を採用し、ネットワークの非集権性を確保するコンセンサスメカニズムを利用していることです。

ビットコインで採用されているProof of Work (PoW)アルゴリズムは、電力消費が多く、どうしても電気代が安い国に集中してしまう欠点があり必然的に中央集権化してしまいます。

又、コイン単価及び分散率の状況によっては51%攻撃を受けてしまい、正解の認証が不正解となってしまうことで、届くべきコインが別の人へ送金されてしまうという不具合も発生します。

またProof of Stake(PoS)アルゴリズムでも資金を沢山持っている人が承認出来る仕様となっているため、これも資金力があるところに集まってしまうため中央集権化してしまう恐れがあります。

IOSTのPoBでは、SERVIと呼ばれるネットワークへの貢献度を導入しております。

ノードはトランザクションの承認やスマートコントラクトの実行などを行うことでSERVIを獲得することができ、この貢献度が高ければ高いほどブロック生成権(さらに報酬の高い処理)を行える確率が高くなります。

ブロック承認権を得たノードは一度だけブロックを生成することができ、この作業が終わるとこのノードが保有していたSERVIは全て消滅し、また貢献度の積み上げ段階に戻ります。

こうすることで、PoB下では特定のノードがブロック生成をし続けることができないよう非中央集権な状態を保つことができます。

Javascriptでのスマートコントラクト構築

IOSTのスマートコントラクトを構築するには比較的に扱いやすいJavascriptで開発ができる設計になっています。

これはLISK(リスク)と同様のプログラム言語になります。

イーサリアムでのスマートコントラクト開発はSolidity(ソリディティ)という独自言語を習得しなければならず開発ができるまでその仕様を習得しなければいけませんでした。

Javascriptを使用することによりプログラマーはもちろんのことWebデザイナーなどのWebの仕事についている人でも気軽に始められるものになり、かなりハードルを落としたシステム開発が可能です。

IOSTの将来性について

IOSTの将来性については、まだまだメインネットにローンチしたばかりでまだまだ未知数です。

IOSTは運用の仕組みがEOSとよく似ているので、分散力が強いEOSという捉え方も言えると思います。

日本でもコミュニティ活動が活発であるため、日本の取引所にローンチしたときには一気に盛り上がるのではないかと思っております。

またIOSTベースのdAppsも徐々に芽を出し始めるので、EOS vs IOST という流れも無くはないと思います。

期待の仮想通貨の一つとして見守りたいと思います。

 

■IOSTはバイナンスで購入できます。

BINANCE(バイナンス)
No.6 バイナンス

世界1の取引高を誇る海外仮想通貨取引所。数百種類の通貨を購入できます。まさに最強です。

金融庁非認可

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTCEthereum イーサリアム ETHRipple リップル XRPBitcoinCache ビットコインキャッシュ BCHlitecoin ライトコイン LTCNEM XEM ネム ゼム

LISK リスク LSKetc..

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan