dApps

EOSスマホウォレットMEET.ONEからScatterの機能を使う方法

仮想通貨EOS(イオス)のScatter(スキャッター)は非常に便利で、EOSのdAppsにアクセスするためには切っては話せないパソコン用のウォレットです。

ただ、スマホからそのような機能を利用したいと思ったことはありませんか?

実は出来るんです!EOSスマホウォレットからEOSのdAppsへアクセスする方法が!

MEET.ONEウォレットに備わっているscatter

EOSスマホウォレットであるMEET.ONE(ミートドットワン)には実は、Scatterのコアエンジンが組み込まれています。

そのため、すべてのEOSのdAppsに接続が可能になっています。

そして、MEET.ONE(ミートドットワン)ウォレットしか出来ないこととして、EOS knightというゲームに参加できる唯一のウォレットになります。

EOSのdAppsにアクセスしてみる

※ここからは既にMEET.ONEウォレットがインストールされている前提でお話します。

まずMEET.ONEを開きます。

開いたら現時点のEOSアカウントが表示されていますね、検証のためEOSアカウントを覚えておいてくださいね。

一番下のメニューから左から2番めの ”友現”? をタップします。

そしたら、いろんなアイコンが表示されていると思います。

一番上に検索窓があるので、そこに開きたいdAppsのURLを入力します。

今回は ” https://eostoolkit.io/home ” を試しに開いてみましょう。

検索窓の中にURLを入れたらすぐ下に、リンク先が表示されるのでタップします。

EOSTOOLKITのサイトが表示され、赤丸のところに自分のEOSアカウントが表示されていますよね。

これでEOSのdAppsに接続完了です。

ゲームをしたり、分散型取引所でEOSベースのコインを買ったりいろいろ用途は盛りだくさん。

スマホだけで出来るから大変便利です。

Scatterコアが導入されたスマホウォレットは他にもある

今回、MEET.ONEウォレットでやってみましたが、他のウォレットアプリにもScatterのコアが組み込まれているウォレットも多数あります。

・EOS Lynx
・pocket EOS
・TOKEN POCKET(EOS)
・Bitpie
・imToken
・MORE.TOP

が挙げられます。

上記のスマホウォレットであればEOSのdAppsとの接続は可能です。

一度試してみてくださいね。

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan