ウォレット

EOSスマホウォレットMEET.ONEでエアドロップコインを貰う方法

仮想通貨EOS(イオス)はエアドロップが頻繁で今や数十種類のコインがEOSブロックチェーン上で誕生しています。

結論として仮想通貨EOSのエアドロップコインを貰う方法としては、放ったらかしにするだけです。

放ったらかしにするだけで、記事にする必要ないじゃんという声も聞こえてきそうですが、もう一つエアドロップコインを貰う方法としてAirGrab(エアーグラブ)の作業をする必要があるものがあります。

今回はEOSスマホウォレットMEET.ONEを使って、AirGrab(エアーグラブ)してエアドロップコインを貰う方法を記事にしようと思う。

AirGrabする前にやること

AirGrab(エアーグラブ)によるエアドロップコインを貰う方法として、やっておかなければいけないことが一つあります。

それは、仮想通貨EOSを必要数を残してアンステークする必要があります。

AirGrab(エアーグラブ)によるエアドロップはアンステークされた仮想通貨EOSの枚数が対象となっており、全てステークしていた場合は、1枚もコインが貰えないということになります。

また、CPU、NET、RAM(ラム)のリソースもある程度必要になるので、特にRAM(ラム)は100KB確保することを推奨します。

RAM(ラム)はEOSのカバンや保管庫のようなものですので、カバンは大きくしておきましょう。

MEET.ONEウォレットでAirGrabしてみる

※今回はiPhoneやAndroidにMEET.ONEウォレットが入っていることを前提に話します。

まずMEET.ONEウォレットを開きます。

下のメニューから ”発見” (左から2番め)をタップします。

下にスクロールし ”AirGrab” をタップします。

AirGrab(エアーグラブ)の一覧が出てきますので、右側の ”AirGrab” ボタンをタップします。

トランザクション画面が出てくるので、”Confirm” ボタンをタップします。
※パスワード入力画面が出た場合は秘密鍵のインポート時に登録したパスワードを入力します。

successという文字が出てくればAirGrip完了です。

AirGrab(エアーグラブ)されたエアドロップコインはすぐ貰う事のできるものと、エアドロップ日時が決まっている分がありますので、日時が決まっているものに関しては根気強く待ちましょう。

AirGrabの内容は変わる

新しいコインがローンチ予定の場合AirGrabのリストにそのコインが追加される場合があります。

そのため定期的にAirGrabのリストを確認しに行く必要がありますので、たまに見に行くようにしましょう。

そのコインの中に将来お宝になるコインが出てくるかもしれませんよ。

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan