ウォレット

EOSブロックプロデューサーとは

仮想通貨EOS(イオス)にてブロックプロデューサーの位置づけは非常に重要な機関です。

Bitcoin(ビットコイン)で言う、マイナーの位置づけと等しい部分になります。

ブロックプロデューサーというのがEOSに存在しなければEOSという通貨自体が可動せず無とかしてしまいます。

ブロックプロデューサーとは

ブロックプロデューサ(BP)は、21機関のEOSブロックチェーンを管理する分散エンティティです。

ブロックプロデューサーはEOSユーザーによる投票にて21機関選ばれます。

BPは、トークンインフレーションによって生成されたEOSトークンの形でブロック報酬を獲得します。毎年の総インフレの5%のうち1%がブロックプロデューサーに支払われます。

EOSが20ドルの価値がある場合、平均的なブロック生産者は純収入で700万ドルを稼ぐことができます。

ブロックプロデューサーになるためには

ブロックプロデューサーになるには以下の基準に準ずる必要があります

1.公開WEBサイトのURLと少なくとも1つのソーシャルメディアアカウントが必要

2.ブロックプロデューサー企業の企業情報

・公式ブロックプロデューサーの候補者名
・本社の所在地
・サーバーの予定の場所
・サーバーの種類
・現在の従業員リストと少なくとも67%のスタッフ写真。
・ブロックチェーンに関連するバックグラウンド資格を持つスタッフ比率が67%以上在籍

3.テックスペースの状況
技術仕様及びリソースの総支出の見積もりとチェックマークテスト

4.スケーリング
ハードウェアの推定スケーリング計画の投稿とチェックマークテスト

5.コミュニティーベネフィット
コミュニティベネフィットプロジェクトの概要を投稿

6.Telegram+TESTNET
コミュニティTestnet参加するためのTelegramとTestnetノード名リスト

7.ロードマップ
候補者が重要と考える価値、コミュニティプロジェクトのスケジュール、財務、透明性、またはその他のトピックの投稿

8.分割位置
ブロックプロデューサーのインフレ報酬に加盟していない有権者と共有する

ブロックプロデューサーに必要な機材とは

仮想通貨EOSは大量のトランザクションを裁かなければいけません。

そのためにはそれなりのブロックチェーンを維持するための機材が必要になります。

最低限、以下の機材が必要になります。

【ブロックプロデューサー運用機器最低ライン】
Amazon AWS EC 2 host x 1.32 x large
CPU 128コアプロセッサ
2TB メモリ
1.9TB SSD x 2
25GB 帯域幅ネットワーク

日本にもブロックプロデューサーいるの?

日本にもJEDA(一般社団法人 日本EOS 開発研究会)というブロックプロデューサーがいます。

また、日本に入ってきたhuobi(フォビ)もブロックプロデューサー活動を行っており、今後の日本への活躍に期待されます。

ブロックプロデューサーの将来について

EOSのブロックプロデューサーについては、ブロックマイナーの仕事だけではなく、EOSの普及活動、EOSの技術向上をなども行っており、その活動範囲は各ブロックプロデューサーによって様々です。

EOSが盛り上がりるに連れて、ブロックプロデューサーの重要性は更に増していくのだろうと思います。

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan