システム構築

MEET.ONEサイドチェーンについて

仮想通貨EOSのサイドチェーンについて、つい最近BOSサイドチェーンが出来上がったばかりです。

あのスマホウォレットとブロックプロデューサーで有名なMEET.ONEもサイドチェーンを開発しており、日本時間2019年2月27日に正式にローンチされるようです。

MEET.ONEサイドチェーンとは

MEET.ONEサイドチェーンのビジョンは、dApp開発者にとってより親しみやすく、ブロックチェーン技術を通じて私たちの日常生活の質を向上させることです。

MEET.ONEサイドチェーンの基本コードはEOSメインネットと一致していますが、CPU / NET、RAMリソースはMEET.ONEトークンによって価格設定されています。

開発者が素早く始めるになるための包含的な開発者サービスフォームを提供します。

MEET.ONEサイドチェーンアカウントについて

MEET.ONEサイドチェーンの起動後、ユーザーは招待コードを使用してMEET.ONEウォレットにアカウントを簡単に登録できます。

最後に、同じアカウント名を持つ2つのアカウントを取得し、アカウント名の最後の2桁は.mで終わります(例:meetmeet1.m)

これらは同じ公開鍵と秘密鍵も共有しているので、ユーザーは毎日使用するために秘密鍵を別々にインポートすることができます。

一方、ユーザーはサイドチェーンでのみ12桁のアカウント名を作成することを選択できます。アカウントはすべて「.m」で終わります(meetmeet11.mなど)。

EOSアカウントを作成する2つの方法、スマートコントラクトと招待コードをサポートします。

サイドチェーンアカウント(meetmeet11.m)の場合、MEET.ONEはEOSメインネット上で同じアカウント名(meetmeetone11.m)を使用する権利を留保します。

MEET.ONEトークンの機能とは

ユーザーはMEET.ONEトークンを使ってCPU / NETを取得したり、RAMを売買したり、BPをサイドチェーンで投票したりできます。

同時に、ユーザーは(EOSメインネット上で)トップdAppの起動を体験することもできます。簡単に言えば、MEET.ONEトークンの機能はEOSメインネットのEOSトークンと同じです。

MEET.ONEサイドチェーンは、インターネット製品(ゲーム、エンターテイメント、知識共有など)もサポートします。

EOSメインネットからサイドチェーンに交換するには

MEETONEトークンのクロスチェーンスワップは、bank.mアカウントに展開される特別なリレー契約を通して実現されます。

メインネット上の任意のEOSアカウントは、受信者のサイドチェーンアカウントのメモとともに、MEETONEトークンをbank.mに転送できます。

たとえば、メインネット上のlovemeet1.mまたはmeetonetest1アカウントは、meetmeet1.mのメモを付けて1000個のMEETONEトークンをbank.mに転送できます。

次にbank.mは自動的に1000個のMEETONEトークンをメモアカウントに転送します。

これはmeetmeet1.mです。MEETONEトークンをサイドチェーンからEOS mianネットに切り替えたい場合、操作は似ています。

MEET.ONEサイドチェーンエアドロップについて

私たちは最初から新世代のブロックチェーン開発を奨励することを決意しており、このマイルストーンは私たちの目標を達成するための次のステップになるでしょう。

MEET.ONEサイドチェーンの発売は、すべての既存のEOSアカウント用のエアグリップ(取得申請)から始まります。

これらのアカウントは、MEETONEトークン用に2:1のエアグリップ比率をそれぞれ受け取ります。

(スナップショット内の)すべてのEOSアカウントは、「.m」で終わるサイドチェーンアカウントを自動的に取得し、meet.oneウォレットのMEETONEトークンをエアグリップすることで取得できます。

サイドチェーンの各アカウントには、10個のMEETONEトークンがCPU&NETに、3.5 KBのRAMが無料で配布されます。

・日本時間2019年2月19日 11:00に、MEET.ONEチームはEOS Mainnetアカウントのスナップショットを作成します。
・日本時間2019年2月26日 22:00に、MEET.ONEサイドチェーンが正式に開始されます。
・日本時間2019年2月27日 22:00に、MEET.ONEサイドチェーンが正式にアクティブになります。

MEET.ONEサイドチェーンユーザーは、日本時間2019年2月27日 22:00〜2019年3月6日 22:00:00まで、 エアグリップを介してMEETONEトークンを2 EOS:1 MEETONEの比率で請求することができます。スナップショット時のMainnetアカウントのEOSトークン)

INFORMATION



おすすめ仮想通貨を購入できる取引所(人気順)

coincheck(コインチェック)
No.1 コインチェック
仮想通貨初心者に使いやすく、アプリの機能も充実の仮想通貨取引所です。

金融庁認可業者 関東財務局長 第00014号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC NEM XEM ネム ゼム LISK リスク LSK
bitFlyer(ビットフライヤー)
No.2 ビットフライヤー
取扱通貨及びアプリも重質し、BitcoinFXでも有名な仮想通貨取引所です。

金融庁認可業者 関東財務局長 第00003号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC LISK リスク LSK monacoin mona モナコイン
Zaif(ザイフ)
No.3 ザイフ
豊富な通貨に加え、板による購入方式のため最安購入可能な取引所。NEMが一番人気

金融庁認可業者 近畿財務局長 第00001号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH NEM XEM ネム ゼム monacoin mona モナコイン
bitbank(ビットバンク)
No.4 ビットバンク
板による購入方式のため最安購入可能な取引所です。リップル取引高No.1

金融庁認可業者 関東財務局長 第00004号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC monacoin mona モナコイン
huobi japan(フォービジャパン)
No.5 フォビジャパン
世界2位の取引所の日本版取引所、板注文に加え、豊富な通貨数を誇る

金融庁認可業者 関東財務局長 第00007号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC monacoin mona モナコイン
BINANCE(バイナンス)
No.6 バイナンス
世界1の取引高を誇る海外仮想通貨取引所。数百種類の通貨を購入できます。まさに最強です。

金融庁非認可

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC NEM XEM ネム ゼム LISK リスク LSKetc..
DMMビットコイン DMM BITCOIN
No.7 DMMビットコイン
レバレッジ取引(FX)を主軸においた仮想通貨取引所。FXでは10種類の仮想通貨に対応

金融庁認可業者 関東財務局長 第00010号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH
No.8 GMOコイン
東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社で、使いやすいアプリが目玉

金融庁認可業者 関東財務局長 第00006号

(主な取扱通貨)
Bitcoin ビットコイン BTC Ethereum イーサリアム ETH Ripple リップル XRP BitcoinCache ビットコインキャッシュ BCH litecoin ライトコイン LTC