システム構築

MEET.ONEサイドチェーンについて

仮想通貨EOSのサイドチェーンについて、つい最近BOSサイドチェーンが出来上がったばかりです。

あのスマホウォレットとブロックプロデューサーで有名なMEET.ONEもサイドチェーンを開発しており、日本時間2019年2月27日に正式にローンチされるようです。

MEET.ONEサイドチェーンとは

MEET.ONEサイドチェーンのビジョンは、dApp開発者にとってより親しみやすく、ブロックチェーン技術を通じて私たちの日常生活の質を向上させることです。

MEET.ONEサイドチェーンの基本コードはEOSメインネットと一致していますが、CPU / NET、RAMリソースはMEET.ONEトークンによって価格設定されています。

開発者が素早く始めるになるための包含的な開発者サービスフォームを提供します。

MEET.ONEサイドチェーンアカウントについて

MEET.ONEサイドチェーンの起動後、ユーザーは招待コードを使用してMEET.ONEウォレットにアカウントを簡単に登録できます。

最後に、同じアカウント名を持つ2つのアカウントを取得し、アカウント名の最後の2桁は.mで終わります(例:meetmeet1.m)

これらは同じ公開鍵と秘密鍵も共有しているので、ユーザーは毎日使用するために秘密鍵を別々にインポートすることができます。

一方、ユーザーはサイドチェーンでのみ12桁のアカウント名を作成することを選択できます。アカウントはすべて「.m」で終わります(meetmeet11.mなど)。

EOSアカウントを作成する2つの方法、スマートコントラクトと招待コードをサポートします。

サイドチェーンアカウント(meetmeet11.m)の場合、MEET.ONEはEOSメインネット上で同じアカウント名(meetmeetone11.m)を使用する権利を留保します。

MEET.ONEトークンの機能とは

ユーザーはMEET.ONEトークンを使ってCPU / NETを取得したり、RAMを売買したり、BPをサイドチェーンで投票したりできます。

同時に、ユーザーは(EOSメインネット上で)トップdAppの起動を体験することもできます。簡単に言えば、MEET.ONEトークンの機能はEOSメインネットのEOSトークンと同じです。

MEET.ONEサイドチェーンは、インターネット製品(ゲーム、エンターテイメント、知識共有など)もサポートします。

EOSメインネットからサイドチェーンに交換するには

MEETONEトークンのクロスチェーンスワップは、bank.mアカウントに展開される特別なリレー契約を通して実現されます。

メインネット上の任意のEOSアカウントは、受信者のサイドチェーンアカウントのメモとともに、MEETONEトークンをbank.mに転送できます。

たとえば、メインネット上のlovemeet1.mまたはmeetonetest1アカウントは、meetmeet1.mのメモを付けて1000個のMEETONEトークンをbank.mに転送できます。

次にbank.mは自動的に1000個のMEETONEトークンをメモアカウントに転送します。

これはmeetmeet1.mです。MEETONEトークンをサイドチェーンからEOS mianネットに切り替えたい場合、操作は似ています。

MEET.ONEサイドチェーンエアドロップについて

私たちは最初から新世代のブロックチェーン開発を奨励することを決意しており、このマイルストーンは私たちの目標を達成するための次のステップになるでしょう。

MEET.ONEサイドチェーンの発売は、すべての既存のEOSアカウント用のエアグリップ(取得申請)から始まります。

これらのアカウントは、MEETONEトークン用に2:1のエアグリップ比率をそれぞれ受け取ります。

(スナップショット内の)すべてのEOSアカウントは、「.m」で終わるサイドチェーンアカウントを自動的に取得し、meet.oneウォレットのMEETONEトークンをエアグリップすることで取得できます。

サイドチェーンの各アカウントには、10個のMEETONEトークンがCPU&NETに、3.5 KBのRAMが無料で配布されます。

・日本時間2019年2月19日 11:00に、MEET.ONEチームはEOS Mainnetアカウントのスナップショットを作成します。
・日本時間2019年2月26日 22:00に、MEET.ONEサイドチェーンが正式に開始されます。
・日本時間2019年2月27日 22:00に、MEET.ONEサイドチェーンが正式にアクティブになります。

MEET.ONEサイドチェーンユーザーは、日本時間2019年2月27日 22:00〜2019年3月6日 22:00:00まで、 エアグリップを介してMEETONEトークンを2 EOS:1 MEETONEの比率で請求することができます。スナップショット時のMainnetアカウントのEOSトークン)

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan