dApps

Scatterのデスクトップ版はすごく便利

仮想通貨EOS(イオス)に欠かせないものといえば、ウォレットもそうですが、やっぱり切っても離せないものとしてやっぱりScatter(スキャッター)でしょう!

Scatter(スキャッター)は初期の頃はGoogle Chromeのエクステンションしかなかったのですが、今回デスクトップ版の登場により、

Chromeにとどまらず、FirefoxやSafari、EdgeなどのさまざまなブラウザでEOSが使えるようになりました。

これによりさらなる利用用途が広がりますね!

Scatterをインストールする

Scatter(スキャッター)をインストールしてみましょう!

にアクセスして、右上の”Download”ボタンを押してGithubに飛びます。

.exeはWindows、.dmgはマック、.AppImageはLinuxですので自分にあったファイルをクリックしダウンロード&インストールしましょう!

この画面が出たら、任意のパスワードを入力して”Create new Scatter”をクリックします。

注意)次に進むと12のワードが出てきますので、書き留めて盗まれないように保管しましょう!

利用規約が出てくるので読んだら”Accept”をクリックします。

バックアップロケーション画面が表示されます。Choose Automatic Backup Locationをクリックします。USBまたはPCに接続されていないデバイスを使用することをお勧めします。

Scatterにアカウントをインポートする

Scatter(スキャッター)のインストールが完了したら、EOSアカウントをインポートしましょう!

上記のやり方で作成したEOSアカウントをインポートしたいと思います。

”Add Keys”ボタンをクリックします。

”Import Key”ボタンをクリックします。

”Text”ボタンをクリックします。

”Enter a Private key”にEOSのアクティブプライベートキーを入力してインポートしましょう。

これで、Scatter上でのEOSアカウント同期が完了しました。

Scatterを使ってみる

※既にGoogle Chromeエクステンション版のScatterを導入していたらアンインストールしておきましょう!うまく動作しない場合があります。

EOS対応のサイトのeostoolkit.ioなどに行くと以下のようなダイアログが出現します。

”Login”ボタンを押して、最初に決めた任意のパスワードを入力しロックを解除します。

ログインしたいEOSアカウントをクリックすると、対応サイトにログインできます。

Scatterは様々なシーンで使われる

Scatter(スキャッター)はゲームや分散型取引所などのdAppsを利用する際に必ずと行っていいほど使用するウォレットです。

EOSを利用する際は必ず入れておきましょう!

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan