ウォレット

Ledger Nano Sの設定方法

記憶に新しい、マウントゴックスやコインチェックの盗難事件について、銀行と違い取引所への仮想通貨を預けておくには非常にリスクが高くおすすめできません。

どんなにセキュリティが高くても集中攻撃をされれば盗難は回避できないのです。

少しでも取引所の盗難の回避対策としてハードウェアウォレットの導入はおすすめです。

ハードウェアウォレットのメリットについて

ハードウェアウォレットのメリットについて、秘密鍵がハードウェアウォレットに保存されているため、盗難されにくいというメリットがあります。

また、一番気になっていると思いますが、ハードウェアウォレットが壊れてしまった場合でも復元コードを持っていれば、新しいウォレットを買っても同じ状態に戻せる画期的な仮想通貨ウォレットです。

ハードウェアウォレットのデメリットについて

完全無欠のハードウォレットにも弱点があります。

・一部の仮想通貨しか対応していないこと
・復元コードを盗まれたもしくは、なくしてしまった場合は保管していた仮想通貨の消失が免れない
・ハードウェアウォレットを販売しているところが潰れてしまった場合は、購入できないので、壊れてしまった場合取り出せなくなる
・ハードウェアウォレットが壊れてしまった場合は買い換えなければいけないのでコストがかかる。

まぁ、どのウォレットでもメリット、デメリットがあるので最善の保管方法は各々選ぶ必要がありますね。

ハードウェアウォレットの王道Ledger Nano S

Ledger Nano S(レジャーナノS)は仮想通貨ハードウェアウォレットで一番人気があるウォレットではないでしょうか。

コンパクトサイズでストラップも付いて取扱もしやすいのが特徴で、仮想通貨をしている人には必須アイテムですよね。

ただ、Ledger Nano S(レジャーナノS)はAmazonなどのショッピングモール系で購入するとマルウェアが仕込まれている場合が多いので、代理店で購入することをおすすめします。



Ledger Nano Sの使い方

使い方については、Youtubeに素晴らしい動画があるので、その動画を紹介します。

上記動画で導入して素晴らしい仮想通貨ライフを過ごしましょう!

INFORMATION
にほんブログ村 投資ブログ オルトコインへ

EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan EOS Education Japan – EOSメインネットのリソースサイト – EOS Education Japan